« 引っ越して | トップページ | メタルギアソリッド4を(イージーで)遊んでみた »

「ゲームジャーナリズムにありがちな陳腐な表現トップ10」についてわが身を振り返る

GameSpotに「ゲームジャーナリズムにありがちな陳腐な表現トップ10」という海外記事の翻訳があったので読んでみる。
ゲームの紹介記事を書くこともあるので、自分を振り返るべく。

ではさっそく。

10位:トップ10リスト
<「史上最高のゲームランキング」や「今年のゲームトップ10」などというリスト

あるある。でも投票や売れ行きとかの背景があるんじゃないか。たいていは。
個人が推すランキングはその人に権威があればいい。「今年の」については毎年やってなんで悪いのかと思う。いいじゃん、まとめになって。

<このリストもリストだが、私がこれを陳腐な表現だと分かっている>
わはは。記事がこれで始まってるんだから、この記事自体が自戒を込めたギャグなのかもしれない。マジレス不要。

9位:冒頭で歴史をたどる
<○○シリーズは~~~><17作目に当たるゲーム××は~~>
<シリーズを知らない読者に情報を与えるにはいい方法だが、あまりにも使い古されていて>

あるある。テンプレに近い。読者をどこに設定するかを考えて、どうしたってやってない人の方が多数派なんだよ。となると説明しとくかと。
でも使いすぎは確かに陳腐だ。あえて一見さんはわかるでしょ風にして、初見の人に売れてる感を伝える方法もあると思う。

あとはシリーズ共通の要素をズバッと出すとかな。
マリオなら「走って跳んでふんづけるおなじみのアクション」、モンハンは「デッカイ敵をみんなで狩る」みたいに、ぐわっと要約しちゃえばいいさ。どうせ語りつくせないしな。

<物書きなら何かしら独自のものを考え出す努力をすべきだ。>
というわけでこれは自己努力についての項目。

8位:「?」で終わる見出し文
<疑問符が付くような見出し文は、最後には否定される場合が圧倒的に多い>
<見出し文を書いている時点で、ライターが答えはノーであると知っている場合さえある>

予定は未定、でも期待。新ハードの発表直後とかに多いかな。このスペックからしてこんなことができるようになるかもって記事はあるよね。(自戒)

<推論を書いても、既成事実について書く場合と同じだけの報酬が得られる>
前評判のトバシ気味の記事にも、別種の面白さがあるじゃないかとは思う。
それが確約になっちゃうのもなんだけど、あとで「当時はこんな推論が」で笑えばいいよ。
推論の記事でハード先取りして損した!みたいな事故は笑えないけど、しょうがないとしか。ゲームじゃなくてもあるよな。最近だとHD DVDだ。

7位:7点レビュー
<「平均的な」ゲームは10点中5点と評価されることになっているが、実際の得点の平均は、時間が経てば7点に近づく>
<安全で無害な値に群がっているだけ>

あるある。あれだ、選んで載せてる段階で7点の価値なんだよ。きっとな。
発売された全タイトルをレビューしてる場合は確かに5が平均じゃないとおかしいが、それはゲーム好きな人の評価だからな。女性にケーキのレビューをさせても平均7になるんじゃないか。

クロスレビューを読むときは基準を7点として、コメント内のホメを加点、ダメを減点で計算すればいいはず(理屈では)。「グラフィックすげぇ」「シナリオ深い」「でもシステム周りが手間」だったらホメ2、ダメ1だから8点になるはず。これで9点だったらホメのどっちかが2点ぶんすごかったということだろう。たまにホメまくってるだけなのに9点とかあると謎だ。基準が9だったのかなと思う。

6位:「本物のようなグラフィック」
<実際にはそのゲームのキャラクターがきめ細かなモデルを持っており、アニメーションが滑らかで、美術監督に一貫性があるということを意味している>

あるある。プレステあたりから「リアルなグラフィック」は禁句に近い。どこで現実感、実在感、臨場感がどう感じられるかの明記はしたい。

<書き手はそれが自分の理解を超えているとはっきり書けばいいのだ>
「見たことないけど、未来の宇宙船ってこんなだと思うよ!俺知らないけど本物みたい!」
・・・なんて原稿じゃ困るケースも多いので、やはり自分が感じた「本物のような」感の説明を頑張れということか。

5位:「風変わりな(Quirky)」
<一人称視点シューティング(FPS)ゲームや戦闘一辺倒のゲーム以外のものは、この皮肉なお世辞を与えられる。>

それはないな。どうなってんだアメリカ。

<問題になっている側面を分類する方法を知らないということを意味している>
これも「本物のような」と同じ。あれか、最近の日本だと「ゲームらしいゲーム」周辺にも多いかな。

4位:「○○のファンは楽しめるだろう」
<一般に言えばひどいものだが>
<ファンであれば、問題点を大目に見て楽しむことができるかもしれない>

あるあるすぎて、今でも本当にあるのかな。「~~ファンなら買い!」ってやつ。
ファンは言われるまでもなく買うので、記事の情報価値はゼロ。
でもないか。ファンじゃないなら間違っても買うなよ!という警告には使える。
「ファンじゃないとつらい」と書くほうが親切だ。

3位:「時が経てば明らかになるだろう」
<究極の締め言葉>
<形式的にはほとんど常に正しいが、ほとんど常に役に立たない>

メーカーの風呂敷に対して、肯定も否定もしない。できない。したくない。そんなときに。
主観的にしただけの「今後の展開に期待だ」も類義語だな。

2位:標準的な分け方に分割されたレビュー
<「グラフィック」「サウンド」「ゲームプレー」などに分けられたレビュー記事>
<レビューは分割されていないが、最後の得点は分割されているという場合もある>

向こうのレビューフォーマットはよくわからんが、あるある。技術的な進化が顕著な場合は部分から入るよねぇ。
採点とキャプションがあれば読者は満足したりする。下手に主観の入った饒舌な語りよりも、見て3秒で読み取れる比較情報が求められているからではないか。

1位:「おもしろい(Fun)」
<ゲームの分野でもっとも酷使されている言葉であり、もっとも定量化が難しい言葉>
<細かい説明もしなければ、振り返りすらしていない>

これを使う場合は、書き手が過去にどんなものを面白がってきたかの背景が要るはず。
無名のライターには使えない、実に高度な表現だが、その場合は「XXってメディアで面白いって書いてあった!」と、担保が移るだけだったりする。

長いな。分割すればよかった。

あるあると思っていて、注意はしているつもりでもやっぱり危ない。
疲労や時間制限でこの手の表現に手を出したくなる、無意識に使う瞬間こそあるある、だ。
ゲーム記事以外でも然り。自戒自戒。

|
|

« 引っ越して | トップページ | メタルギアソリッド4を(イージーで)遊んでみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512135/12195911

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲームジャーナリズムにありがちな陳腐な表現トップ10」についてわが身を振り返る:

« 引っ越して | トップページ | メタルギアソリッド4を(イージーで)遊んでみた »