« 認識の仕組みにひっかかりやすいか 科学ライターの話から | トップページ | 回収不能!サイケンシャー »

中崎タツヤのウォッシュレット考

最近ふと思い出したのが「じみへん」のネタ。

トイレで(いつもの)男が考える。

「毎日毎日クソたれて」
「そのたんびに紙についたクソを見る」
(中略)
「近ごろはお尻洗浄機なるものがあって」
「人はケツを紙で拭かなくなった」
(中略)
「もし今」
「温風で乾かしただけでズボンを上げたなら」
「人はそれを『信頼』と言うだろうか」

というもの。確認したら「しぼり汁」に収録されてた。
通し番号は478だけど、今だとどこで読めるんだろう。

クソの話ほど面白くはならないけど、スイカで改札を通ってると料金への意識はなくなる。
(実際、過払いで問題になってたりするのに)
便利で自動になって、忘れたいことは忘れちゃうのが人間。

でも、お尻洗浄機は自動で動いてるだけ。
誰のケツをどういう状態にしたいかって考えるのは、人間にしかできないんだよなぁ。

いつ読んでも「じみへん」面白いな〜。


じみへん (1) (スピリッツじみコミックス)Bookじみへん (1) (スピリッツじみコミックス)


著者:中崎 タツヤ

販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する


Bookよりぬきじみへん (ビッグコミックススペシャル)


著者:中崎 タツヤ

販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|
|

« 認識の仕組みにひっかかりやすいか 科学ライターの話から | トップページ | 回収不能!サイケンシャー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512135/30020728

この記事へのトラックバック一覧です: 中崎タツヤのウォッシュレット考:

« 認識の仕組みにひっかかりやすいか 科学ライターの話から | トップページ | 回収不能!サイケンシャー »