« 箱にはラベルを、物差しには目盛りを | トップページ | 小惑星移住計画の名の通り「宇宙暮らしのススメ」読んだ »

お盆になにをしていたかといえば

微妙に仕事が入って、妻実家に同行はしなかったのだけど(すいませんね)、お盆はわりあいのんびりしていた。

なにしてたかというと、


・撮影、原稿で仕事した
シンプルな案件だけど、原稿のスジはユニークな依頼だったので、それに応じて。
こういう小技が上手くても、決定的な役には立たないのだよなと思いながらも。


・漫画読んだ
「のだめカンタービレ」、「鋼の錬金術師」、「バクマン。」、「3月のライオン」の最新巻をそれぞれ。
どれも面白いところ。「のだめ」は海外に行ってから良いね。
古いのだと「玄奘西域記」も買った。
読み途中だけど、雰囲気が「グラン・ローヴァ物語」に似ているかも。懐かし補正?


・本も読んだ
「人とロボットの秘密」(堀田純司/講談社)
各種ロボットテクノロジーについて取材しつつ、体と心を考える内容で、面白い。
体があるから心が生まれる、心は録りだせるものではなくて、(身体)感覚の連続を指す。ふむ。
関連で「GHOST IN THE SHELL」を見たくなって、フィルコミックも読んだ。


・ドラクエ9してた
まさゆき地図も川崎ロッカー地図もあるのに、ゴールドタヌが出る地図を持ってない。
ウッカリ遊んでしまうので、すれちがい通信と毎週金曜(追加クエストがあるから)だけ遊ぶように自制しよう。
マルチプレイはまったくしたことがない。mixiとかでやってるオフ会に行くか。


・映画館でディケイド&シンケンジャー映画を見た
今年はどっちも面白いので、劇場版も見てしまう。32歳男性一人で観賞。周囲が99%親子連れ。さすが郊外シネコン。
あんだけスターキャラ揃いの中で、サラリとテーマを語るセリフを持っていったGackt様に感動した。あんたが大将。


・DVDで「ウルトラセブン」見てた
最寄りのツタヤでまとめて借りる。1巻(1~4話)だけ紛失のため取りよせって状況は何事か。5-49話を見る。
「科学の力を信じろ」的な話もあれば「科学の暴走は恐ろしい」といってみたり、やみくもな宇宙開発で宇宙人からクレーム付けられても懲りないし地球の先住民族の基地は容赦なく爆破するとか。
ためらいを見せながら地球人類のためには割と強行しちゃうぜって正義で、感心した。まったくもって正しい。

あと、女優がいちいち美人で驚いた。レベル高いぞ(個人的嗜好)。みんな似た顔立ちなのだが。
体型については昔の女性なので、水着のシーンはガッカリだが。
アンヌの制服がピチピチだとかいう回想をどこかで読んだけど、男性陣もモッコリ寸前の制服じゃないか。

そうだ、セブンが正体を明かさない理由って、特にないだろ。仲良く地球を守ればいいではないか。


これでコミケ行ってないのもおかしな感じだが、そういうお盆だった。

|
|

« 箱にはラベルを、物差しには目盛りを | トップページ | 小惑星移住計画の名の通り「宇宙暮らしのススメ」読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512135/30996992

この記事へのトラックバック一覧です: お盆になにをしていたかといえば:

« 箱にはラベルを、物差しには目盛りを | トップページ | 小惑星移住計画の名の通り「宇宙暮らしのススメ」読んだ »