« 「マンガ世界の偉人」創刊号。エジソン対ベルのカードバトルはあるのか | トップページ | 「DJの地盤を受け継いで」とな »

崩したら負けの伝統

あらかわいい。色分けブロックのバランスゲーム「タンバ」。

昨年末にハピネットから販売が始まったもので、FUNDEXの製品。
向こうのパッケージは上のほうに広がってる台形。ユニークでいいけど収納泣かせだな。
あと、2007年(ごろ?)にトミーダイレクトが扱ってたようだ。イギリス生まれだったんだ。


Fxcam_1326072575906

ランダムに一本引いて、上下の色を合わせて積みなさい、というルール。
水平に積む場合は2色同じならOK。

崩したら負けってのはバランスゲームの鉄則。
崩さないように積んでいくんだから崩した人が負けなのはわかりやすいけど、
じゃあ誰が勝ったの、という気にもなる。子どもは気にしないかな。

その辺を考えて、ブロックを先に配分して使った量から、または積んである状態が得点が絡むようにしてるのもある。
…というほど例が出てこないけど、ヴィラ・パレッティとか。

エポック社とかアイアップのだと、崩し負け以外のルールもあるので、モチーフで工夫できるとこもありそう。

楽しさが増えるような「勝ちのルール」付け足しはもっといろいろあるといいと思うんだけど、
シンプルさを損なわないようにするのが難しいんだろうな。
崩したら負けだったら、説明書をほぼ読まずにできるもの。


Fxcam_13271270707191



|
|

« 「マンガ世界の偉人」創刊号。エジソン対ベルのカードバトルはあるのか | トップページ | 「DJの地盤を受け継いで」とな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512135/43823332

この記事へのトラックバック一覧です: 崩したら負けの伝統:

« 「マンガ世界の偉人」創刊号。エジソン対ベルのカードバトルはあるのか | トップページ | 「DJの地盤を受け継いで」とな »