« SBユーザーじゃないけど | トップページ | 回顧祭でE遺伝子を分けてもらう »

誰がラジオ・アクティビティーを殺すのか

エステーの放射線測定器「エアカウンターS」を購入。

初代モデルは被災地優先で販売されたそうで、
新型は計測しやすくなってるし、いきなり10万台の量産。

プレスリリースによれば

エステーでは、現行の「エアカウンター」の開発において半導体センサーの新技術の提供を株式会社タカラトミーより受け、タカラトミーのグループで玩具の企画・製造・販売を手掛ける株式会社タカラトミーアーツ(東京都葛飾区)と共同で、より高性能、より低価格、よりスリムで軽量な「エアカウンターS」を開発しました。

だそうで、おもちゃの技術でより高性能になるってすげぇな。
家電業界で使われて安くなった部品をおもちゃ業界が使うって例は聞いたことあるけど。

ボタン1つで計測開始。35秒でとりあえず予測値が出て、2~5分で完了。

Fxcam_1329363534103

ガンマ線の空間線量だけ、食料や水はもちろん測れない。
ホットスポットになりやすい、雨どいとか側溝の表面を測るもんでもない。
条件付きなのはわかっちゃいるけど、一度は測っておきたいでしょ、自分のうちくらい。東京だけどさ。
一度にしたら高い買い物で、何度か測ってみたけど、毎回どえらい数値は出ない。

説明書には測定値からの年換算値が載っているし、
「正しく覚えよう 放射線の基礎知識」という小冊子も付属している。
しかし、
「高い数値が出たらどうこうしろ」
って、具体的に書いてないんだよな。

外部被曝だったら距離をとる、遮蔽する、時間を短くする、
内部被曝だったら吸い込まない、食べない、傷口に注意する
……という放射線防護の原則は書いてあるんだけど。

塩分計や糖度計に「濃すぎるから食べたら健康に害が出る」という表示や案内がないのといっしょ。
その先までエステーに求めてもしょうがない。


心配事が増えたのは間違いないから、それへの思いはもちろんある。

いやもう、Amazonで放射線測定器がさくっと買えてしまうだけでも、だれか「もしもボックス」でも使ったのかってレベルの異世界だよ。一年で、ね。

|
|

« SBユーザーじゃないけど | トップページ | 回顧祭でE遺伝子を分けてもらう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512135/44142008

この記事へのトラックバック一覧です: 誰がラジオ・アクティビティーを殺すのか:

« SBユーザーじゃないけど | トップページ | 回顧祭でE遺伝子を分けてもらう »