« ポケモン頂上対談を聞くには教養がいる。 | トップページ | ヴァンガードのわかりやすいかっこよさ »

「家電でオタク×擬人化」を女性漫画でやる「家電の女」

「家電の女」1(西山優里子)読んだ。

家電好きだけど人間が苦手なエリート美女が、家電の妖精的な存在(イケメン)に助けられて……という話。
掲載誌はkissで、大人女性向け。
実在の家電が出てくるので、機能のウンチクも仕入れられる。
ちょっとした情報漫画の面がある。

実在製品を出すだけに、「新製品のくせにつかえねぇ!」みたいなツッコミ展開にはならないと思われる。
海外の家電が楽しみだな。どんなキャラになるんだろうか。態度はデカいだろう、とりあえず。

主人公はエリート美女だし、いまのところ生活家電がネタになってるから、
話が「女性の生活の悩み」になってるんだけど、
実は内向的で会社でのコミュニケーションにも問題が……という主人公像は、
古典的なオタク像に近いと思う。よりベタというか、わかりやすい。

突飛な企画のようでいて、ドコモのCMでやってることといっしょだし、
擬人化だったら「ヘタリア」のヒット例もある。
世間的にもわかりやすく受け入れられるのではないか。

でも作者は家電オタクっぽくないんだよなー。スタッフでガッチリ固めてるのかしら。


家電萌え漫画の「炊飯器少女コメコ」はどっちかといえば男性向けなんだけど、
主人公は家電オタクじゃないんだよな。
男主人公で家電オタクだと、漫画のキャラとしてはフツーになっちゃうからかなぁ。
(そもそも企画が異なるね)


以下、ほかに読んだの。

「ののちゃん」全集8巻(いしいひさいち)
文藝別冊きっかけで、全集1巻と8巻を読んだ。
安定して面白いというか、スルーっと読めないクセというか、ひっかかりがあるんだよな。
ちょっと謎解きみたいなネタもあるし、「そこがオチに!?」というズラしもある。
時事ネタほぼなしで、独走している。
登場人物もごんごん増えていってるし、なんかすげぇことになってんな。


「はるまげ」(なにわ小吉)1
うわ懐かしい! と思って読んでみた。そうそう、こういうディテールのギャグだよ。
発明・発見ネタだったら、大胆なところまで行ってほしいなー。
火薬、磁気、電気、原子力、光合成とか、どんなネタになるのか。(ならないか)


「日本を捨てた男たち」(水谷竹秀)
フィリピンの困窮法人のルポ。
男たち、なんだよね。オッサンしか出てこない。言及されてないけど、女性の困窮法人はいないんだろうか。
日本で仕事なり生活なりできなくなったオッサンがフィリピンでホームレスしてる例は、意外と多いんだそうな。
南国&キリスト教の温もりと、法律のユルさに甘えて、とりあえずメシとネグラを確保している。できちゃうんだよね。
南国フィリピンに対して、確かに日本の社会は複雑で、制度から外れると生きにくいのかもしれない。
でも、そこで南国に逃げて手持ちの金で瞬間的に金持ち気分をしゃぶり、
その後に行き詰る。「先進国に生まれたラッキー」の使い方としては品性最悪だなぁ。


「ネトゲ廃人」(芦崎治)
文庫になってた。いまだとケータイのソシャゲで本が出てそう。
ネットゲームにハマったひとたちの証言構成。基本的には悲劇として振り返っている。
RMTでウハウハでしたって功利の事例も探せば出てきたと思うけど、そこは廃人じゃないのかもね。
多くは「ネトゲやってる間はおかしかった」「何も残らなかった」と回想してるんだけど、
それも極端な話で、お腹壊すまで食べたのは自分なのに「食べなきゃよかった」って飯屋を恨むなよ。
面白いのは、ネトゲやってると対人の距離感が近くなるらしい、というところ。
身体的なリスクは増してるけど、コミュニケーションの意味では進化でもあるんじゃないか。
肉体から精神が解放された成果というか。
……でも、肉体がある人間が遊んでるんだから、「あとでなにも残らない」って言われちゃうんだよなー。
身体のリアリティって強い。


|
|

« ポケモン頂上対談を聞くには教養がいる。 | トップページ | ヴァンガードのわかりやすいかっこよさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512135/46384437

この記事へのトラックバック一覧です: 「家電でオタク×擬人化」を女性漫画でやる「家電の女」:

« ポケモン頂上対談を聞くには教養がいる。 | トップページ | ヴァンガードのわかりやすいかっこよさ »