« ヴァンガードのわかりやすいかっこよさ | トップページ | けん玉道は死なないことと見つけたり »

「21世紀への階段」の直接発電ってどこいったんだ

「21世紀への階段(第1部)」読んだ。
1960年初版刊行で、監修は科学技術庁。監修委員長は当時の科技庁長官で原子力委員長の中曽根康弘。

原子力、コンピュータ、医療、気象観測、都市と農村などなどについての、政府公式青写真と言える。
40年後を見据えて、具体的な到達点を確認しておこう、というものだ。

当たってるとか外れたとかはおいといて、当時の技術、研究から積み上げて「こうなる」話が広がっていて、
読んでいると確かに「うわー、期待しちゃう!」となる2012年。

調べてみると2006年ごろには検証されて、4割実現してたそうな。
(そのニュースで「欲しいものリスト」に入れてた)
(長らく品切れになっていたのだけど、どこぞの古書市で発掘されたのか、いつの間にか出品されていた)

都市交通はモノレールが中心になるし、クルマは時速300kmになる。
ベーリング海峡を封鎖して海流や海面温度も変わっちゃう。
変える、変えられるんだ、という意欲にあふれていて、経済成長の糧になるよな、そりゃ。
リアルタイムで読んだら、夢は広がるさ。


原子力関連については、
まずウランが国内で採掘できてないとか、
高速増殖炉もあのざまであるとか、
20年以内に核融合反応でエネルギーを取り出せるとか、
いくつもの面でズッコケており、(当時の研究者がどうってんじゃなくて)残念だ。

蒸気でタービンを回す発電じゃない直接発電の例で、磁気流体を使うMHD方式が語られているけど、
どうもうまくいかなかったらしい。

科学の進歩は難しい。
エネルギーについては、日本っていつもいつも裏目に出てないか。

今のご時世で、こういう本を政府が出すとしたら……マニフェストも信用されないのに、無理か。


以下、ほかに読んだの。

「差別語からはいる言語学入門」(田中克彦)
サベツ語になっている言葉の由来、成り立ちと、社会の中の位置づけの変化を説明する本。
差別ダメ! でも言葉狩りダメ! でもなくて、
振り返れば不明瞭な変化でサベツ語になってしまったことを言語学的に嘆いている。
変わるのはひとや社会の意識だ。
悪意は勘違いでも、無意識にでも宿るし、宿った悪意は呪いとして言葉にしみこむ。
固定化されたらもう、戻れないよな。残念ながら。
それを固定させずに適宜振り返り、もとに戻すことが必要なんだろうけど、呪いの浄化は難しい。
言葉の流通量が増えた今ならなおさらだ。
ただ、最後のナマクビのところは、ナマクビが適切な使われ方だと思ってしまったけど、これはサベツ意識なのかしら。
食卓でも厨房でもないところに威嚇として置かれたんだから、恐怖を付加した生首って言葉の選択は適当だと思うんだけど…。
考える。


「へうげもの」(山田芳裕)15巻
タメにタメた家康の爆発と、ぶっ飛ぶ織部がハイライト。
あの合戦絵図が失われたとは惜しい(冗談です)。
三成と干し柿のくだりは、諸説あるみたいだけど、本作では山中で美濃柿を食しているので、施しを拒否した頑固不器用ってことなのか。
こういうところ、もっと読めたいもんだ。

「毎度!浦安鉄筋家族」(浜岡賢次)5巻
全編が「くるぞくるぞ!」「うしろうしろ!」なんだけど、なんでこう安定して面白いのか。
カレー後の順子と、15分で描けるKATANAがハイライト。順子とポパイの主役話にハズレなし。

「グラゼニ」(アダチケイジ、高森夕次)6巻
テーマからして契約更改シーンは最大の見どころになる。
オフシーズンなりのカネのかかり方も描かれていくんだろうな。
というか、そろそろ副業とか裏金のことも書いてくれまいか。


|
|

« ヴァンガードのわかりやすいかっこよさ | トップページ | けん玉道は死なないことと見つけたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/512135/46516214

この記事へのトラックバック一覧です: 「21世紀への階段」の直接発電ってどこいったんだ:

« ヴァンガードのわかりやすいかっこよさ | トップページ | けん玉道は死なないことと見つけたり »